補聴器の今、教えます

補聴器の情報はここから!

防水の補聴器の性能を紹介!

防水の補聴器の性能を紹介! 加齢等で聴力を悪くされている方にとって、補聴器は手放せないアイテムです。
日常生活を送るのはもちろん、レジャーを満喫するにあたっても常に身に付けておく必要があります。
しかし、精密機器ゆえに水に濡れるのを弱点としているので、マリンレジャーを存分に楽しめないというお悩みを持っている方もいらっしゃるでしょう。
安心してください、補聴器の中には防水機能を備えている機器もあるので、それを用いれば海水浴やフィッシングなど水辺で遊ぶことが可能です。
防水機能を備えているタイプの場合、耳孔部分にシリコン製のイヤーキャップがあって機器内部に水が入るのを防いでくれます。
さらに、本体にはパッキンも備わっており、たとえ水中に補聴器を落下させたとしても故障することはありません。
多くの製品が水圧1m~2mとなっているので、海水浴はもちろんのこと水深2mまでのダイビングをおこなうことも可能です。
普段の生活の中でも水に濡れることが多い場合は、この補聴器を選ぶといいでしょう。

補聴器は防水機能があれば活用シーンも広がる

補聴器は防水機能があれば活用シーンも広がる 防水タイプの補聴器は、水のなかで音を聞くというのはできないものが多いですが活用シーンはかなり広がります。
補聴器が使えない場面を減らすことで、生活が快適になりますし選ぶ価値が有ります。
日常が日常のシーンにおいても、シャワーや入浴時に取り外す必要がなくなりますし、雨の時や洗顔時でも安心です。
レジャーのシーンにおいても、アウトドアやガーデニング、また激しいスポーツをする際に汗をかいたりする場面でも活躍します。
お仕事で漁業や農業、水産や厨房で水を使うという事であっても、防水タイプであれば心配することはありません。
補聴器によって機能も違いますし、活用シーンが限定されてしまうものもありますので選ぶ際には水に濡れるシーンが想定される場合にはこちらのタイプを選ぶ方がお勧めです。
もしそうでない方の場合には、耐汗コートといったタイプも有りますのでニーズによって選び分けをしていくと良いでしょう。
自分に合った補聴器を探す事が大事です。

Copyright (C) 2020 補聴器の今、教えます. All Rights Reserved.